2013年04月23日

PCオーディオの時代

PCがオーディオ領域の世界に入ってきた。

CDが消滅の経過をたどるのに代わって、PCが登場という感じだが、もちろんPCだけではオーディオは実現しない。DACが必要である。
DACはメーカーから各種発売されているので、そこから選択ということになる。

PCからUSBなどを介してデジタル音声信号をDACに送るわけだが、音質はPC環境にも左右される。
どんなPCを使うかについては、ほとんどの人がWindowsを想定していると思うが、音はよくないらしい。
それは、音声部分に関わるドライバーの性能が大きいのだが、その他にも、Windowsは音声周りのプログラムは優秀とは言えないらしい。
音質を気にする人はWindows標準のドライバーを使わないでASIOを使う人が多い。
DACのメーカーもASIOを推奨している。
それでも、Windowsは音質に関してはネックになるらしい。

では、PCは何がよいかということになるのだが、OSとしてはLINUXが良いということ。
それは、音声ドライバーの良さもさることながら、LINUXの方がプログラムが合理的で、音質を損なわないということ。

ということで、PCオーディオではLINUXの注目度が大きくなることが予想される。

にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
posted by dolce at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。