2013年07月05日

PCオーディオのOSは何がいいか?

PCオーディオが盛んになるにつれ、各社からDACが発売されています。

ほとんど、Windowsを前提としているようですが、音質のことを考えるとLinuxがよいようです。

ただ、Linuxを使うには、それなりの知識が必要です。

この先、DACのメーカーはLinuxもターゲットにするかも知れません。

あるいは、メーカーからPCオーディオ用のLinux機が発売されるかも知れません。

私はLinux機を自作しました。

Linuxのよいところは、PCのスペックをあまり要求しません。

私の作ったものは、Cereronに4GByteRAMですが、稼働状況を見ていると、CPUの稼働率は数%で、RAMの使用も10%に届かないぐらいでずいぶん余裕があります。

LinuxのディストリビューションはUbuntu Studio 13.04 64bitを使いました。

HDは音楽データをたくさん収容するため、4T使いました。

ud-501.jpg


DACはTEAC UD-501です。

にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
posted by dolce at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。